So-net無料ブログ作成

東京の日

1868年(慶応4年)の7月17日 、明治天皇の詔勅により「江戸」が「東京(とうけい)」と呼ぶことにした日だそうです。「西の京」の京都に対して「東の京」。初めは「とうきょう」ではなく「とうけい」と発音しました。しかし、この年はまだ戊辰戦争が行われている最中であり、公卿が遷都を反対するなど、東京が名実ともに首都となったのは廃藩置県が行われた1871年(明治4年)のことであったそうです。また、「江戸」から「東京府」、「東京市」と呼称が変わり、「東京都」となったのは、太平洋戦争中の1943年(昭和18年)のことでした。今大阪では大阪都構想が論議されていますが、東京にも大阪都構想と同じく紆余曲折の歴史があったのですね。
190714緑の季節.jpg


nice!(25)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 25

コメント 8

Rchoose19

いろんな歴史があっていろんな人が生きてて
その先に私たちの今があるんですねぇ~~。
何百年か後に「あの当時の人たちの所為で・・・」
って言われないようにしないといけないとは思いつつ・・・・・

by Rchoose19 (2019-07-17 12:54) 

夏炉冬扇

歴史は紆余曲折。
そう思います。
by 夏炉冬扇 (2019-07-17 15:54) 

g_g

紆余曲折が遇って今があるんですね!
by g_g (2019-07-17 17:45) 

tarou

お早うございます、軽井沢駅にコメントを
有難うございました。
旧軽井沢駅は、しなの鉄道軽井沢駅舎として
復活しているそうです。

歴史とともに名前が変わったんですね。
by tarou (2019-07-19 07:32) 

やおかずみ

Rchoose19さん こんにちは
その時、その時の判断、行動が歴史として残っていくのですから
慎重に考えねばとつくづく思いますね。
by やおかずみ (2019-07-19 08:40) 

やおかずみ

夏炉冬扇さん   こんにちは
その歴史が悔いの残ることになるのか、良い結果となるのか
となるのですね。
by やおかずみ (2019-07-19 08:43) 

やおかずみ

g_gさん こんにちは
そうですね。それが今なんですね。
by やおかずみ (2019-07-19 08:46) 

やおかずみ

tarouさん こんにちは
質素な造りの木造の駅舎が懐かしいです。
by やおかずみ (2019-07-19 08:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。